アレルギー|土曜 日曜 祝日 GW 年末年始 毎日診療 町田|南町田の小児科

グランベリーパーク365日診療小児科

  • 〒194-8589 東京都町田市鶴間3丁目3−1
    グランベリーパーク ステーションコート2階
  • Tel.042-850-7607
MENU
  アレルギー

お子さんの
アレルギーについて

アレルギーは体の中に入ってきた物質に対して、自身の免疫が過剰に反応してしまい、全身の症状を引き起こすものの総称です。

お子さんの場合では

  • 食物アレルギー(卵、小麦、牛乳など)
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎(花粉症、ダニ・ホコリアレルギー)

これらが、主なアレルギーが原因の疾患です。

これらは全て小児科で診断・治療していくことができます。
まずは相談することからはじめてみましょう。

食物アレルギー

本来は無害であるはずの食物に対して、過剰に反応してしまうことで食物アレルギーが起こります。
0歳台が最も多いですが、年齢経過で自然軽快することが多く、適切な食物アレルギーの診断と、除去対応が必要です。

三大アレルゲンとして、卵、小麦、牛乳が挙げられますが、他にも大豆、ソバ、甲殻類、魚卵、ナッツ、ゴマなどがあります。
症状は発疹(蕁麻疹)、呼吸困難、活気低下など、人によって症状が異なります。

アレルギーは症状から診断することが重要であり、アレルギーが疑われる場合には食べた内容と症状などをご相談ください。
事前の相談も受け付けています。

また、呼吸困難、繰り返す嘔吐、意識障害などの症状が出現した場合には緊急で病院を受診するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

原因はまだはっきりとわかってはいませんが、遺伝的・環境的な要因が絡み合って発症すると考えられています。

正しい診断の上で、原因・悪化因子への対策、スキンケア、薬物治療にて治療を行っていきます。
まずは薬剤で皮膚症状を改善させ、その後に肌の状態を保つためのケアをしっかり続けていくことが大事になります。

ステロイド薬の使用などは不安になられる場合もありますが、現在では世界の標準的な治療であり、状態によってはしっかりと薬剤治療を行うことが重要です。
その後に、皮膚のバリアを守るために保湿剤を継続使用するようにしましょう。炎症が改善した後もしっかりとスキンケアをすることで、肌の状態を長く保つことができます。
特に乾燥する秋~冬は、たっぷり保湿をするようにしましょう。

最も重要なことは「治療を継続すること」です。
毎日の外用・スキンケアは大変ですが、一緒に治療をしていきましょう。

気管支喘息

喘息は、咳や痰などの症状、ゼイゼイする呼吸(喘鳴)、息苦しさ、呼吸のしにくさなどの症状が特徴です。

喘息が起きる原因は多岐にわたっており、遺伝的な素因と、環境要因が混在して発症します。アレルギー反応を起こす原因としては、ダニ、ホコリが多いです。
風邪、台風などによる気圧変化、タバコによる刺激、冷気なども喘息発作を増悪させます。

診断のために検査を行うこともありますが、最も重要なのは咳が目立ったり、ゼイゼイしている時に小児科で診察を受けることです。
複数回喘鳴を繰り返す、診察でwheezes(喘息などに特徴的な聴診所見)を確認することが、最も正確な診断につながります。

気管支喘息の治療は2種類あり、発作が起きた時に良くする治療と、発作が起きないように普段から行う治療に分けられます。
気管支喘息と診断された場合には、後者の普段から行う治療がとても重要になってきますが、まずはしっかりと診断・説明を受けることが重要になります。

咳が長く続いている、運動時に息苦しさがある、ヒューヒュー、ゼイゼイするなどの症状がある場合にはご相談ください。

アレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎

アレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎は、スギ花粉などによって引き起こされる季節性アレルギー(花粉症)と、ダニやホコリによって引き起こされる通年性アレルギーに大別されますが、どちらも混在していることもしばしばあります。

また、花粉症と一括りに言っても、春はスギ、ヒノキ花粉、夏はイネ科、秋はブタクサなど、季節によって特徴的な花粉があります。複数の花粉にアレルギーがあるケースも珍しくありません。

アレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎の症状は、季節性・通年性いずれでも、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目の痒み、充血などです。

治療として、原因が除去できる場合には可能な限りで予防・除去を行い(こまめな掃除など)、抗ヒスタミン薬内服による治療を行います。

お子さんの場合には、はっきとした診断をされずに長期に抗ヒスタミン薬を内服している場合がありますが、抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用が出ることもあるため、可能な限り診断をしっかり行うようにしましょう。

また、当院では舌下免疫療法というアレルギー性鼻炎を治す治療も行っています。保険診療が可能なのがスギとダニの2種類のみになりますが、ご希望がある方はお気軽にお問い合わせください。