予防接種|土曜 日曜 祝日 GW 年末年始 毎日診療 町田|南町田の小児科

グランベリーパーク365日診療小児科

  • 〒194-8589 東京都町田市鶴間3丁目3−1
    グランベリーパーク ステーションコート2階
  • Tel.042-850-7607
MENU
  予防接種

予防接種

 

予防接種

予防接種とは、「ワクチン接種により病気から身を守ること」です。

私たちの周辺環境には、細菌・ウイルスがいろんなところに存在しています。その中でも、感染力が強いもの、小さい時にかかりやすい疾患を引き起こすものから身を防ぐために、もっとも有効なのが「ワクチン」です。

ワクチン接種により、体に外敵を認識させ、感染症に対して免疫をつくり、抵抗力を獲得することができます。

 

ワクチンの意義

0歳から就学前は免疫が発達途中のため、感染症にかかりやすい年齢です。
特に生後半年をこえてから2歳頃にかけては、母体からの移行免疫が体から少しずつ減っていくため、感染症に罹患することが最も多い年齢です。

ワクチンのない時代は、感染の反復により、免疫をつけながら成長していったのですが、子どもがかる感染症は、かぜのように軽いものだけではありません。

中には、確実な治療法がないものもあり、深刻な合併症や後遺症をおこすこともあり、命の危険がある病気もあります。
そうした感染症は、感染してから対応するのではなく、予防することが最も重要になってきます。

ワクチンによって防げる病気、救える命があります。

ワクチンと病気の関係

ワクチンによって防げる病気のことを「VPD(Vaccine Preventable Diseases)」と言います。(Vaccine=ワクチン、Preventable=防げる、Diseases=病気)

~ワクチンこそ、もっとも安全な予防方法~

感染症の予防に、もっとも安全で確実性の高い方法が、ワクチンの接種です。
ワクチンは、病気を防ぐために必要な免疫を安全につける方法です。ワクチンの接種により、子どもたちを病気から守ることができます。

中には、確実な治療法がないものもあり、深刻な合併症や後遺症をおこすこともあり、命の危険がある病気もあります。
そうした感染症は、感染してから対応するのではなく、予防することが最も重要になってきます。

ただし、すべての感染症に対してワクチンが作れるわけではありません。ワクチンで防げる病気(VPD)は、感染症全体のごく一部にすぎません。 なぜでしょう?

そもそも、ワクチン開発はとても難しく、すべての疾患のワクチンを開発するのはとても大変です。その中で、困難を乗り越えてまでワクチンが作られているのは、重大な病気だからこそと言えます。

言い換えると、ワクチンで防げる病気(VPD)はいったん発症すると、根本的な治療法はないか、治療がとても難しいことが多い疾患ばかりです。

大切なわが子を守るためにも、ワクチンを最大限に活用していきましょう。

ワクチンの種類

ワクチンは細菌・ウイルスの病原性(毒性)を弱めたりなくしたりする処理を行うことで、体にとって安全な状態にした薬液です。

ワクチンには種類が3種類あります。
ここでポイントは「生ワクチン」か「それ以外か」です。

「生ワクチン」の場合は、次回の予防接種までの間隔は「27日以上空けること(4週間)」が必要です。

「それ以外のワクチン」の場合は、次回の予防接種までの間隔は「6日以上空けること(1週間)」が必要です。

接種間隔に差がでるので、そういった点を注意しながら、予防接種のスケジュールを組む必要があります。
毎回、予防接種の際に「前回接種したワクチンの日程と、ワクチン種類」を確認するのには、そういった理由があります。

①生ワクチン
ウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性をなくしたものを原材料として作られます。
自然感染に近い状態で免疫産生がなされるので、少ない接種回数で免疫を作ることができます。 副反応として、もともとの病気のごく軽い症状がでることがあります。

~ワクチンの種類~
ロタ結核(BCG)麻しん(はしか)風しんおたふくかぜ水痘(みずぼうそう)など

②不活化ワクチン
ウイルスや細菌の感染する能力を失わせ(不活化、殺菌)て、病原性をなくして作られます。
接種したことにより、その病気になることはありませんが、生ワクチンに比べると接種回数が多くなります。ワクチンによって決められた回数の接種が必要です。

~ワクチンの種類~
ヒブ肺炎球菌B型肝炎百日咳ポリオ日本脳炎インフルエンザA型肝炎髄膜炎菌感染症など

③トキソイド
感染症の種類によって、細菌の産生する毒素が免疫に重要なものもあります。
毒素の毒性をなくして、免疫を作る働きだけにしたものがトキソイドです。不活化ワクチンと同じ扱いになります。

~ワクチンの種類~
破傷風ジフテリア

予防接種当日の注意点

予防接種の当日は、自宅で熱がないことを確認した上で、下記の書類など持参していらしてください。

~ご持参いただくもの~

  • 母子手帳
  • 防接種の予診票(ロタワクチン、おたふくかぜワクチン、インフルエンザワクチンの予診票は院内に用意があります)
  • 健康保険証
  • 医療証 など

また当日、予防接種終了後は院内で副反応などが起きていないか、状態確認のために15分の院内待機をお願いしております。

~予防接種を受けることができない人~

  • 発熱(37.5℃以上) をしているお子さん
  • 急性疾患にかかっている人
    (急性かつ重症な病気で薬を飲む必要のあるお子さんは、その後の病気の変化がわからずワクチン効果に関しても定かでないことから、接種を延期するのが原則です)
  • その日の予防接種に含まれる成分で、強いアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こしたことがあることが明らかな人
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

町田市外のお子さんのワクチン接種について

  • インフルエンザワクチンなどの自費ワクチンに関しては、市内と同様の接種が可能です。
  • 定期接種に関しては、相模原市のお子さんに関しては相互乗り入れのシステムで接種が可能ですが、大和市、横浜市のお子さんに関しては、現時点では定期接種を行うことができません。(市町村としてのルールでありますが、ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません)

同時接種について

同時接種は、2種類以上のワクチンの接種を同時に行うことです。
日本小児科学会は同時接種を推奨しており、同時接種でワクチンの有効性に影響があることや、副反応の頻度が上昇することはないとしています。

ただ、心配な点もあると思われますので、いつでもお気軽にご相談ください。

接種部位について

ワクチン接種部位は、上腕外側と大腿前外側があげられます。(二の腕と太もも)
各接種部位は2.5cm以上あけて接種を行います。

色々と書いてきましたが、最後に、当院のホームページの外部リンクにVPDというウェブサイトを入れています。
とってもわかりやすくワクチンに関しての情報を発信しており、スケジュールの早見表やアプリもあるので、ぜひアクセスしてみてください!

小児科医推薦です(^^)/

しかし、子育て中に検索しながらの情報収集は大変かと思います。

そういった時はいつでもお気軽に、当院にお問い合わせください。
予防接種のスケジュール相談を受け付けております。

特に、生後2ヵ月からの予防接種スケジュールが決まっていない方は、お早めにご相談ください。(途中から接種する病院・クリニックの変更も可能です。)

料金表

※料金は税込です。

1. ヒブワクチン ¥8,000
2. 肺炎球菌ワクチン ¥10,000
3. B型肝炎ワクチン ¥5,000
4. ロタウイルスワクチン(ロタリックス) ¥13,500
5. ロタウイルスワクチン(ロタテック) ¥9,000
6. 4種混合(DPT-IPV)ワクチン ¥11,000
7. BCGワクチン ¥6,500
8. MR(麻疹風疹混合)ワクチン ¥12,000
9. 麻疹ワクチン ¥6,000
10. 風疹ワクチン ¥6,000
11. 水ぼうそうワクチン ¥6,000
12. おたふくワクチン ¥4,500
13. 日本脳炎ワクチン ¥8,000
14. 2種混合(DT)ワクチン ¥4,000
15. 子宮頸がんワクチン(サーバリックス) ¥16,000
16. 子宮頸がんワクチン(ガーダシル) ¥16,000
17. A型肝炎ワクチン ¥8,000
18. ポリオワクチン ¥11,000
19. 破傷風ワクチン ¥3,000
20. 髄膜炎菌ワクチン ¥24,000
21. インフルエンザワクチン ¥3,500