ケイツーシロップ|土曜 日曜 祝日 GW 年末年始 毎日診療 町田|南町田の小児科

グランベリーパーク毎日診療小児科

  • 〒194-8589 東京都町田市鶴間3丁目3−1
    グランベリーパーク ステーションコート2階
  • Tel.042-850-7607
MENU
  ケイツーシロップ

ケイツーシロップについて

ケイツーシロップというおくすりはビタミンKと呼ばれる成分のおくすりになります。
ビタミンKという成分は出血を止めるために必要な成分ですが、生まれてすぐのお子さんはビタミンKの体内量が不足する傾向があるため、ビタミンK欠乏性出血症を発症するために、生後すぐに内服で補充することが日本ではルーチンで行われています。

投与スケジュールについて

日本国内において、ケイツーシロップの投与方法は3回法(出生後、生後1週、生後1ヵ月時の3回投与)と、生後3か月まで毎週1回内服を行う3か月法(13回投与)が混在していました。

2021年11月30日、日本小児科学会において、2015-2017年の3年間で、条件を統一したお子さんにおいてビタミンK欠乏症が原因と考えられる出血性疾患の症例数について、調査を行った結果をもとに提言があり、ビタミン吸収がうまくできない疾患のケースも含めて、ビタミンK欠乏が原因と思われる出血性疾患のうち頭蓋内出血が13例あり、3か月法では頭蓋内出血をきたした例を認めませんでした。
今回の調査のみで結論をつけることはできませんが、今後はケイツーシロップは3か月法(13回投与)が主流となっていくと思われます。
その中で、もし13回投与が行われていないお子さんがいらっしゃいましたら、当院でもケイツーシロップの処方を行います。

2021年12月時点での保険適応はないため、希望される方へは自費処方となりますが、不明点がございましたらご連絡いただければと思います。

投与方法

袋に入っていますが、そのまま口に入れると口を傷つける恐れがあるので、スポイトをお渡ししますので、そちらをご利用ください。
原液のままで内服しても問題ありませんが、薬杯を同封しますので、そちらを利用いただいて3-5倍程度に希釈いただいても大丈夫です。

投与費用

診察料:1000円

処方料:1回分200円、10回分で2000円(全て税込み)となります。紛失などでケイツーシロップが足りなくなった場合は、当院へ連絡をお願いします。

ケイツーシロップQ&A

飲んだ後に吐いた場合は飲み直した方がよいでしょうか?
再度内服せずとも、効果は原則問題ないと考えられます。
内服前にこぼした場合はどうしたらよいでしょうか?
2-3割程度であればそのまま内服していただいて大丈夫です。半量以上こぼしてしまった場合は新しいシロップを内服しましょう。
内服を忘れてしまいました。どうしたらいいですか?
1回スキップし、その次の予定の内服日から再開してください。
終了するタイミングは13回目の元々の終了日の1週間後にもう1回内服して終了しましょう。
間違えて2回分内服してしまいました、どう対応したらよいでしょう。
現在までビタミンK過剰症の報告は乳児において報告はなく、そのまま様子をみていただいて大丈夫です。次回からもスケジュール通り内服しましょう。
不足分は追加でお渡ししますので、当院へご連絡ください。

チャイルドクリニック
グランベリーパーク院
院長 千葉浩介

◇資格・所属学会

  • 日本小児科学会 小児科専門医
  • 日本小児科学会

詳しくはこちら